株式会社ウェルセルフ
株式会社ウェルセルフ

株式会社ウェルセルフ

 みんなの「得意」をワンコイン(500円)で自由に売り買いできる、Webフリーマーケットの「coconala」を運営する株式会社ウェルセルフ。「自分の得意なことで誰かの役に立ちたい」という人と「困った時、その分野に詳しい人に気軽に相談したい」という人を結ぶプラットフォームとして、多くの注目を集めている。

代表取締役 南章行

世の中に新しい価値を生み出すには
リスクを取り変化を楽しむことが大切

 実は創業時はcoconalaではなく、別のヘルスケア関連事業を考えていて、そのため社名もウェルネスとセルフを合わせたウェルセルフになりました。しかし、当初考えていたサービスはあまり需要がないことが分かり、別のサービスを考えようとなった時、創業メンバーの新明が「マイクロサービスプラットフォーム」事業アイデアとしてcoconalaを提案してくれたのです。
 ウェルセルフを創業する以前、私は会社勤めをしながらNPO法人を起ち上げて、土日を使ってボランティアのようなことをしていました。いろいろなNPO関係者と知り合っていくうちに、人が働くのはお金のためだけではないことに気がつきました。会社で一生懸命働いてもなかなか給料が上がらないなか、仕事で達成感も感じられず、何のために働いているのか、自分自身の価値が分かりづらい世の中です。「誰かの役に立ちたい」という思いを実現するシステムには大きな可能性があるかもしれない—。最初に提案を聞いた時、coconalaの事業規模に疑問を持っていたのですが、時間が経つにつれて、その考えは変わっていきました。
 ワンコイン(500円)という価格設定は、買う側にとっては少し高いけれども、売る側にとってはぎりぎり妥当だろうという理由と、マーケティング的に分かりやすく、響きが良いという理由からです。また、価格を限定することで、逆算してどんなサービスを提供できるか、どんなサービスなら受けたいかというマーケットメカニズムも機能しやすくなります。小売業界での100円ショップや理容業界の1000円カットのように、流通や製造体制、設備やサービス内容など、業界の常識を覆す新たなイノベーションが起きることにも期待しました。
 coconalaのローンチ後は有名ブロガーに高く評価されたり、メディアにも取り上げられたりと順調に利用者を増やしています。出品サービス数は1万4000件に達し、成立取引も7.5万件以上になりました。サービス内容は似顔絵やちょっとしたイラストの依頼や女性の恋愛相談などさまざまです。昨年から始めた高額サービスを売買できる「おひねり」機能も好評で、今後もいろいろなオプション機能を追加していきます。
 
 しかし、当社では500円のWebマッチングサービスを提供し、その手数料でキャッシュを得たいわけではありません。将来的には、Yahooやgoogleでサイトの検索をするように、困った時、相談できる誰か探す時、誰もがcoconaraで検索するようなポータルサイトにしたいのです。その時、相談を受ける誰かに肩書きや社会的地位は必要ありません。これまでの経験や知識が大切で、その自分の得意をどれだけ相手に伝えられるか、伝えたいかという気持ちも大切です。その意味では人柄も重要かもしれません。ありとあらゆる人が持っている、それぞれの知識や経験、人柄を可視化できる世の中にすること。それが当社の目標なのです。  
 新たなメンバーには、当社の理念を理解し、世の中に新しい価値を生み出すためのリスクを恐れない人、新しいことにチャレンジし、変化を楽しめるような人を望んでいます。

取締役 新明智

直接ユーザーに会いに行き反応を確認
そんなフットワークの軽さが大切

  coconalaの発想はもともと米国にあった「マイクロファイナンス」サービスから生まれました。これは先進国からアフリカなど途上国に、個人レベルで低額から投資・送金できるサービスで、欧米では多くのユーザーがいます。凄く興味があったサービスなので、ウェルセルフを創業する前に、NPO法人を起ち上げて同様のサービスを日本でもリリースしたんです。私はもう関っていませんが、今でもこのサービスは続いています。
 個人と個人のマッチングは、もともとインターネットが得意とするところです。他にも別の形で、これまでにない画期的なマッチングサービスができないかと考えた結果、モノやお金ではなく、知識や経験をマッチングするアイデアにたどり着きました。
 しかし、知識や経験をただ提供するだけでは、既存のQ&Aサービスとあまり変わりません。イノベーションを起こし、新たな市場を生むためには、どうすればよいか。そこで注目したのが、ありきたりの技術やサービスでも機能の抽出やパッケージを再設計することで、新たな市場が生まれるという理論でした。従来の理髪店が髪を切り、頭を洗い、ヒゲを剃るというサービスパッケージで2000円や3000円だったのに対し、髪を切るだけで1000円というパッケージの再設計をしたことで、1000円カット市場が生まれました。価格を500円という定額にして、皆がそれに合わせてできることやしてほしいことを考えていけば、新たな市場が生まれると思ったのです。
 ゼロからサービスづくりをするのは私にとって楽しい経験でした。どうしたらユーザーに使ってもらえるだろうかと色々と試行錯誤を重ねてつくりあげていくんです。今でも新たな機能を追加した時には、ユーザーに会いに行って、直接使用感を聞いたりもしています。反応が悪ければすぐに作り直しです。ディレクターやプロデューサーには、そんなフットワークの軽さも必要だと思います。失敗を恐れずにチャレンジすることが大事です。
 
 エンジニアに特別なスキルは求めません。スタートアップなので、独自の技術を追究していくというよりも、フレキシブルにいい技術を採用しています。大事なのはプロダクトを育てていくという視点です。だから、自前のサーバーは持たずにAWSを利用したり、ソースコードの管理もGitHubで行なうなど、余計な作業を極力省いて、プロダクトに集中できる環境を整えています。
 まだ生まれたばかりの会社なので、社員一人ひとりの権限は大きく、それぞれの意見が反映されやすい環境です。会社やサービスが成長途上にあるので、そこで働く人は自分自身も一緒に成長させやすいと思います。自分の技術を世の中に役立てたいと思っている人、サービス開発に関心のある人に向いている職場です。

エンジニア 恵比澤賢

急成長していく企業で働くやりがいと楽しさ
経験してきたことを自分が伝えていきたい

 昨年の11月に転職してきました。当社を選んだのは成長していく過程にある企業で働きたかったからです。以前にもスタートアップに入社し、急成長してIPOするまで働いていたことがあり、貴重な体験をさせてもらいました。急成長していく企業には独特なある種の高揚感や雰囲気があり、エンジニアとしてもよい環境で仕事ができたのです。ある程度、経験を積んできた現在、今度は自分がエンジニアにとって働きがいのある環境をつくり、後進に伝えていく側にならなければいけないと思っています。
 開発環境については、新しいサービスなので、最新の技術を当たり前のように取り入れています。開発技法としてはアジャイルに取り組み、ツール面でもAWSやGitHubなど最近話題になっている技術を採用しています。
 今後はcoconalaの機能やサービスを充実させていくことも大切ですが、エンジニアにとって働きやすい環境をつくったり、組織のまとめ方などマネージャー的な仕事にも取り組んでいきたいと思っています。
 新たなメンバーにはプログラムや技術が好きな人を望んでいます。特に自分の技術を生かして、自分で何かをつくっていきたいという方ならフィットしやすい職場です。PHPをメインに使ったことがあり、Webアプリやスマホのネイティブアプリの開発したことがあれば、その経験を生かしやすいと思います。

株式会社ウェルセルフのサービス・コンテンツ

  • ココナラ ココナラは「知識・スキル」を誰でも簡単に売り買いできるオンラインマーケットです。本格占いから、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成などのビジネス用途まで14000件以上のサービスが全て500円。
    詳細はこちらから

株式会社ウェルセルフが募集している求人

  • Webサービスエンジニア<サーバーサイド、スマートフォンアプリ開発の同時募集です!>

    同社サービスで生計を立てられるユーザーの輩出に取り組んでいます。 現在では、任意で追加金額を...

    1. 正社員
      年俸 400万円  ~ 700万円
    2. 契約社員
      募集しておりません
    3. 勤務地
      東京都渋谷区
    4. 募集職種
      システムエンジニア(SE) / スマホアプリ開発(ネイティブ) / バックエンドエンジニア(サーバーサイド)
    詳細情報を見る

株式会社ウェルセルフ

  • 社名

    株式会社ウェルセルフ

  • 代表者

    南 章行

  • 事業内容

    Webサービスの開発・運営

  • 資本金

    106,173千

  • 本社所在地

    〒150-0031
    東京都渋谷区桜丘町29-33 渋谷三信マンション402

あなたにオススメの求人情報

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!