ファンタムスティック株式会社
ファンタムスティック株式会社

ファンタムスティック株式会社

 幼児や小学校低学年向けの知育アプリを開発・提供しているファンタムスティック株式会社。これまでにない、デザインや操作性にこだわった知育アプリが特長だ。従来の「Kinderpan」シリーズに加え、この春から新たに「Play Study GO」シリーズをリリースした。新シリーズの第1弾アプリ「たし算ひき算〜算数忍者〜」は、App StoreでいきなりiPhone「子ども向け」ランキング1位になるなどスマッシュヒットを続けている。

代表取締役 CEO&CO-FOUNDER ベルトン・シェイン

紙からデータに“翻訳”しただけの知育アプリではなく
タブレットやスマホの操作性とデザインにとことんこだわりたい

 当社を設立したのは2010年で、当初はゲームの開発をしていました。丁度、mixiが携帯向けのソーシャルゲームの提供を始めた頃で、私たちの作ったゲームはそこそこのヒットを飛ばし、社員数も増やしたり、業績は悪くはありませんでした。しかし、2年ほど続けていくうちに、自分たちに疑問を持つようになり「本当に自分たちがやりたいことは何だろう」と思うようになったんです。ソーシャルゲームをつくれば、それなりの収入にはなるけれども、ただそれだけでした。もっと社会的に意義があり、貢献できるような、将来にわたってなにかを残せる、そんな事業に取り組みたいと思うようになったのです。
 そして、考え抜いた末にたどり着いたのが子ども向けのアプリ開発でした。起業してフリーランス時代以上に忙しくなったため、当時の私は子どもや家族と触れ合う時間が極端に少なくなっていました。たまに子どもたちと触れ合うたび、その成長スピードに驚いたり、感心したりしていたのです。子どもたちはいつ間にかPCやスマホを使えるようになっていて、それを見てひらめきました。
 これまでの知育アプリは、既存の絵本などの紙媒体から電子媒体に「翻訳」しただけのものが多く、タブレットやスマホの操作性や表現性を生かし切れていません。もともと私もCAOの篠原も長年、デザインのプロとして生きてきました。知育アプリのデザインは、言葉は悪いけれども中途半端で、アニメのキャラをただ使用するだけだったり、細部のつくり込みがそれこそ「子どもだまし」だったりすることが多かったんです。その点では自分たちのほうがもっと良いものをつくれるという自信がありました。

 まず最初に開発したのは親子のコミュケーションに主眼を置いたアプリで、これはリリース直後から雑誌やテレビなどに何度も取り上げられるなど、かなりの好評を博していました。しかし、DL数はそれほど伸びません。子どもは喜んでアプリを使ってくれるものの、親から子への部分で私たちの想像以上に難しい面があったのです。

 それからはとにかくアプリを作って、世の中に出し続けることで、子ども向けのアプリのあり方を自分たちも学ぼうと思うようになりました。「Kinderpan」シリーズをリリースし続け、子どもや親が何を望んでいるのか、嗜好性にはどんな傾向があるのか分かってきたのです。
 こうして集めたノウハウを生かし、これまにない知育アプリを提供しようとスタートしたのが新シリーズ「Play Study GO」です。今年4月に第1段アプリをリリースしたところ、DLランキングで見事に1位になるなど、好スタートを切ることができました。年内には同シリーズから、さらに10本ほどのアプリをリリースし、100万ユーザーを獲得することを目標に掲げています。
 
 しかし、当社にはまだCTOはおろかエンジニアもいません。これまでコードを書いたり技術的なことは私自身が独学で勉強し、アルバイトや外部スタッフにも頼ってきました。新たなメンバーには高度なスキルを望んではいません。私たちと一緒に企画や設計から考えられるような人、こちらが無理難題を言ってもただ否定せずに、逆にアイデアを提案してくれるような人を求めています。絵や音楽を使って、楽しみながら学べる子ども向けアプリに国境はありません。将来的には「Play Study GO」シリーズを海外向けにも提供していく予定です。世界に通じるアプリを一緒に作っていきましょう。

CAO&CO-FOUNDER 篠原勇人

子どものような一面を持っている人なら大歓迎
失敗を恐れずいろいろなチャレンジができる環境を楽しんでほしい

 「Play Study GO」シリーズの制作ではとにかくデザインにはこだわっています。キャラの動きやモノの質感、背景もアイテムにも子ども向けだからという妥協は一切しません。ボタンひとつのデザインや動きにも注意をしています。子ども向けだからこそUIやUXといった考え方が大切であり、それは一般向けのアプリとはまた違ったノウハウがあります。
 当社にはクライアントやスポンサーがいるわけではないので、絶対に守らなければならない納期はありません。しかし開発中は常にスピード感を意識してほしいと思っています。設計から練りに練って、コードを頭の中で整理して一発でムダのないキレイなプログラムを書くというのがエンジニアの理想かもしれませんが、当社の開発はトライ&エラーが基本です。これまでのアプリは月曜から金曜までいろいろとつくり込み、土日になるとシェインの子どもに使って試してもらってフィードバックしてもらっていました。金曜日に意気揚々と持ち帰って、土日でダメ出しされて落ち込み、月曜からはまた前向きに修正とつくり込みを始めるといったサイクルだったのです。新たなメンバーにもそれくらいのスピード感を持って取り組んでほしいと思っています。
 これまでにない、全く新しい知育アプリを作るのだから、試行錯誤は当たり前です。失敗を恐れていては前に進むことはできません。慎重で完全主義なタイプの性格より、少々荒っぽいプログラムでも色々なことにチャレンジする人のほうが向いている会社です。
 会社の場所は新横浜の駅から近く、川や緑に囲まれた素晴らしい環境です。いつも煮詰まったら気晴らしに川沿いを散歩して気分転換を図ったりしています。青い空が広がっているのを見ながら歩いていると、ここから世界に発信してやろうという気持ちを新たにできるんです。

 私には子どもがいませんが、自分のことを子どものような性格だと思っています。ゲームや玩具が大好きで、小さい子どもと一緒に遊ぶのも本気で楽しめるんです。新たなメンバーにもそんな子どものような一面がある人がいいかもしれません。面白いアプリを作るためには、作り手自身も楽しまないといけないと思います。
 当社はまだ小さな会社で、あらゆる人材が不足しています。エンジニアだけでなく、PRやマーケティングについてもメンバーを捜しているところです。エンジニアもいろいろな仕事を一人でこなしてもらわなければなりません。そういったことも含めて全てを楽しめるような人と一緒に会社を成長させていきたいと思っています。

ファンタムスティック株式会社が募集している求人

  • Unityエンジニア

    <自社サービスの子ども向け知育・教育アプリの開発をお任せします。> 当社は子ども向けの知...

    1. 正社員
      年俸 300万円  ~ 800万円
    2. 契約社員
      年俸 300万円  ~ 800万円
    3. 勤務地
      神奈川県横浜市港北区
    4. 募集職種
      プログラマー / ソーシャル系エンジニア / ゲームプログラマ
    詳細情報を見る

ファンタムスティック株式会社

  • 社名

    ファンタムスティック株式会社

  • 代表者

    ベルトン シェイン

  • 事業内容

    子供向け知育アプリ

  • 資本金

    4120万

  • 本社所在地

    〒222-0033
    神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-10 YS新横浜ビル5F

あなたにオススメの求人情報

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!