株式会社ワンパク
株式会社ワンパク

株式会社ワンパク

 株式会社ワンパクはWeb制作をはじめとしたデジタル領域におけるモノづくりを得意とするクリエイティブプロダクションだ。同社ではクライアント企業のビジネス要件やエンドユーザーのユーザーニーズなどから、両者のコミュニケーションのあり方そのものをデザインしていく。クライアントとのワークショップを通じて一緒に課題を見つけ、その解決のための最善策を一緒に立案できるのが同社の強味だ。

代表取締役 クリエイティブディレクター 阿部淳也

スキルや経験よりもコミュニケーション能力を重視
クライアントやユーザー、同僚のために考え尽くせる人を

 私がワンパクを創業したのは、クライアント企業と一緒になって、クリエイティブの力でビジネスを支えていく、現状の日本には無いスタイルやポジションで仕事をしたかったからです。前職時代にキャンペーンサイトの制作を数多く手掛けていたのですが、ディレクターやプロデューサーとして、どんなに頑張って制作しても、キャンペーン期間が終われば、そのサイトもなくなってしまいます。キャンペーンサイトが無駄だとは思いません。しかし、本質的にビジネスに貢献できているのかが分からなかったり、わずかな期間で消費されてしまうモノづくりに一種のむなしさを感じていたのです。一過性ではなく継続的に、もっと本質的なところでクライアント企業が求めていることを形にしたいと思うようになりました。戦略的なプランニングから制作、開発、運用までをすべて“ワンパッケージ”で行なう意味と、よく遊び、よく仕事するタフな意味の“腕白”をかけて社名を「ワンパク」にしたんです。

 クライアント企業とのコミュニケーションを大切にしている当社では、広告代理店経由の仕事の割合が極端に少なくなっています。また、クライアントに対して企画を単に提案することやコンペ形式で仕事を受注することはほとんどしていません。一方的な提案型の戦略や企画ではクライアントは良いか悪いかを判断するだけで、企業が抱える本質的な課題解決には結びつかないと思っているからです。

 そもそもクライアント企業が求めていることは何なのか。実はそれをクライアント企業自身も分かっていないことが多いのです。
当社ではクライアントと一緒にワークショップやディスカッションを通じて、クライアントが現在抱えている課題や描いている理想を明らかにし、将来の目標に向かって当社として何ができるかを考えていきます。

 クライアントの課題解決のためにできることを考えてきた結果、当社でアウトプットするものは、Webサイトやアプリにとどまらず、映像コンテンツの企画・制作、リアルなイベントなど多岐に渡るようになっています。デジタル領域を中心にしたクリエイティブデザインでコミュニケーションの課題を解決できるのであれば、その手段はなんでも構いません。今後は海外にも業務を広げていく予定です。10期目までに海外拠点を持つことを設立当初から目標に掲げていましたが、この時代のスピード感や日本の経済規模が縮小していくことを考えると、グローバルへの展開は、もう少し前倒しで実現することを検討中です。

 クライアントとのワークショップやディスカッションにはディレクターだけでなく、デザイナーやエンジニアも参加します。スキルや経験も大事ですが、当社では何よりもコミュニケーション能力が大切です。クライアントだけでなく、同僚やエンドユーザーとのコミュニケーションが重要であり、そのすべての人のために「考え尽くせる」人と一緒に働きたいと思っています。

執行役員 CTO 道家陽介

クライアントが求めていることと技術の接点になれなければ
言われたことをするだけのエンジニアになってしまう

 以前は量から質を生むというような方針で、1年間に99のサービスをリリースするような会社に務めていました。開発・制作する能力は磨けましたが、寿命の短いキャンペーンよりも、クライアントワークのなかでつくることと、つくったものを使い続けていってもらうことに興味を感じるようになり、当社への転職を決めたんです。
 
 入社して約1年半で感じたのは、クライアントとの最初の打ち合わせ、ディスカッションから実際に制作を始めるまでの期間が長いということでした。当社の方針から仕方がない面もありますが、やり方によってはもっと期間を短縮できるのではないかと思っています。例えば、ワークショップの場で出てきた案をすぐに具現化することも一つの方法です。イメージだけでなく形になっているものを見せることは、話も弾みワークショップなどで要件提起のプロセスの幅を広げることにつながります。慎重な議論を大事にするところに対し、まずつくってみるというスピード感を与えていくのが、エンジニアとして貢献できる点だと思っています。
 
 新たなメンバーにはひと通りのスキルは必要ですが、それ以前にユーザーとして普段から日常的にWebを使っている人であってほしいんです。例えばゲームを好きではない人がゲームをつくっても、ゲーム好きの人が納得するような面白いゲームはつくれません。使う人の目線がなければWebも面白いサイトにはならないのです。

 クライアントの担当者もWebのことをよく勉強している人が多く、エンジニアとしては必要な情報提供するだけではなく、アイディアとあわせて技術の使い方を求められていると感じています。この技術でここまでできる、そのままではできないがこうすればできるという提案をすぐにできることが大切です。
クライアントを含めたプロジェクトメンバーとしてモノづくりに臨んでいる時、クライアントが求めていることと技術を結びつけられないのであれば、結局は言われたことをするだけのエンジニアになってしまうのです。
 当社は目的意識がはっきりしている人にはぴったりの職場です。逆に目的が漠然としていると厳しいかもしれません。ワンパクに入ることが目的ではなく、ワンパクに入って何がしたいのか。プロセスでも特定のターゲットでも構いません。やりたいことや目標を持っている人をサポートする環境は整っています。
 

チーフデザイナー 宮城秀雄

外部だから指摘できる事と内部だからこそ分かる事
相手の意見をいかに引き出し合体させ反映させるかが大切

 当社ではデザイナーやディレクターといった肩書きはあっても、明確に役割が分かれているわけではありません。私も肩書きはチーフデザイナーですが、実際にはディレクターに近い仕事が多くなっています。どちらにせよ注意しているのは、自分たちがつくりたいものになっていないか、そこにクライアント視点やアイデアが反映されているかという点です。
 
 私たちもプロなので、こちらの提案に納得してもらえるようにクライアントを言いくるめようと思えばできてしまいます。そうではなく、相手の意見をいかに引き出すかが大切なのです。もちろん、私たちも相手のブランドを勉強します。しかしクライアント自身が最も熟知している部分もあります。外部から見て指摘できる部分と熟知していなければ分からない部分を合体させていくような気持ちでいます。

 新たなメンバーには“勝手にやってくれる”人を期待しています。入社した瞬間からそうである必要はありません。しかし、いずれはそうなりたいと思う人がいいですね。当社ではデザイナーでもまず最初にクライアントとのワークショップに参加するようになっています。そこで気後れして何も発言できないのか、それともイニシアチブを取れるのか、本人の気持ち次第です。デザイナーだからデザインだけできればいいと考えている人は難しいかもしれません。

 最近、映像制作に関ることが多くなっています。昨年、初めてミュージックビデオもつくりました。あるバンドとのタイアップでWeb上でしか見られない特別な映像です。映像制作の面白さが分かってきたので、これからも積極的に関っていきたいと思っています。当社には3D制作用のソフトや器材など、設備投資について積極的に提案を受け入れてくれたり、いろいろなことにチャレンジさせてくれる社風があります。新しいことに恐がらず何事にも挑戦できる人と働きたいです。

株式会社ワンパクが募集している求人

  • サーバサイドエンジニア

    大手企業のサイト制作やアプリケーション開発においてディレクターやデザイナー、フロントエンジニア...

    1. 正社員
      ※年俸制
      ※経験・前給を考慮して、お互い納得で…
    2. 契約社員
      募集しておりません
    3. 勤務地
      東京都目黒区
    4. 募集職種
      バックエンドエンジニア(サーバーサイド)
    詳細情報を見る
  • デザイナー

    全てのデザインには意味があります。クライアントのブランドを理解し、エンドユーザのニーズやビジネ...

    1. 正社員
      ※年俸制
      ※経験・前給を考慮して、お互い納得で…
    2. 契約社員
      募集しておりません
    3. 勤務地
      東京都目黒区
    4. 募集職種
      Webデザイナー
    詳細情報を見る
  • ディレクター

    大手企業のサイト制作やアプリケーション開発における企画立案や予算管理から戦略策定、要件定義、進...

    1. 正社員
      ※年俸制
      ※経験・前給を考慮して、お互い納得で…
    2. 契約社員
      募集しておりません
    3. 勤務地
      東京都目黒区
    4. 募集職種
      ディレクター(工程管理) / アートディレクター
    詳細情報を見る

株式会社ワンパク

  • 社名

    株式会社ワンパク

  • 代表者

    阿部 淳也

  • 事業内容

    ・企業のコミュニケーション戦略のコンサルティング及びプロデュース
    ・企業のクリエイティブコンサルティング及びプロデュース
    ・Webサイトの企画・制作・運営
    ・音楽、映像、グラフィック、プロダクト、書籍等の企画・制作
    ・イベントの企画・運営
    ・システム開発及びネットワーク構築
    ・キャラクター商品の企画・制作・販売・賃貸借
    ・これらに付帯する一切の業務
    ・デジタルメディアの企画・運営

    エンドユーザのユーザニーズ・インサイト、クライアントのビジネス要件などから"コミュニケーションのあり方"そのものをデザインし、ユーザにとって有益な体験と価値を提供することでよりよい関係を築いていきます。

  • 会社の特徴

    ワンパクは「デジタル・インタラクティブ領域」を強みとし、人・アイディア・テクノロジー・モノを最適なかたちで組み合わせ、クリエイティブやデザインの力によってクライアントの課題解決や新たな取組みをサポートしている、クリエイティブプロダクションです。

    ここ数年で、これまで以上にデジタル領域の役割が増えてきています。
    ワンパクではプロダクション機能を強化しつつ、エンドユーザと企業、企業と企業を結ぶためのお手伝いをする、デジタル領域を核としたコミュニケーションサポートカンパニーを目指し、クライアントと共にクリエイティブとテクノロジーの力で社会に新しい価値を創造していことを約束します。

  • 社風

    「心」と「体」にHOTをつくる

    子供のころは誰しもが持っていたもの。
    いつの間にか大人になるにつれて忘れかけているもの。
    本当は持っていたはずなのにどこかに置いてきてしまったもの。
    まっすぐに自分と向き合い
    心から喜び、腹を立て、悲しみ、楽しんでいた感覚や感情。
    なぜか"心も体も熱くなったあの頃"をワンパクは大切にしています。

  • 資本金

    800万円

  • 本社所在地

    〒153-0061
    東京都目黒区中目黒3-8-5  ジュビリーガーデン3F

あなたにオススメの求人情報

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!