第二新卒とは

「第二新卒者を歓迎します」 転職希望者もよく媒体上で見かける言葉だと思いますが、では第二新卒とは何か、実際にはさほど明確な定義は存在しません。

また一般的に第二新卒とは、入社後1年から3年程度の若手であったり、即戦力にはまだ乏しいが、ビジネスマナーはしっかりしているレベルの方、また就職活動はしていても、会社員経験が無い方などが当てはまります。
企業にとっては実務経験が無くても将来性が高い、と判断可能ですが、中途採用とは元来経験者を求めることが基本です。

ではなぜ経験がわずかと言える第二新卒を求めているのでしょうか?
新卒採用が激化していることも1つの理由のようです。景気が上向きになって新卒採用を目論む企業が増え、思うように採用できない企業も多くなっています。
また、第二新卒枠に入る方にとっては経験者募集よりもキャリアチェンジがしやすいというメリットが考えられます。3年としてもその間SI系だったエンジニアが、WEB系でしっかり基礎から力をつけていくことが可能ですし、ある程度余裕を持ってよりしっかりしたスキルを狙うことも可能でしょう。

新卒で採用され、その後3年程度経ったと考えれば、会社をどう判断していいかなども考える時期かもしれません。本当にこの会社でいいのだろうか?と思った時はチャンスかもしれませんし、やはり間違った選択をしないように注意も必要です。まずは自分に合った目標をしっかり設定できれば動いてもいいと思います。

第二新卒

  • 第二新卒採用が活発な理由

    たとえばWEB系のエンジニアにとって、SNSやスマホアプリ等の技術フィールドはここ2、3年の新しい分野と言えますが、経験者としてしっかりしたスキルを持っている方の採用枠は取りずらいのが現状です。つまりビジネスマナーもしっかりしてロジカルに動ける第二新卒は最も即戦力となりやすいと言えます。他にもグロ…

  • 第二新卒が書く職務経歴書

    経歴を単に箇条書き程度で収めようとすれば、やはり項目自体も少なくなりがちです。 しかし職務経歴書は履歴書とは違い、転職の動機や意気込みなどを伝えるためのもの、また人間性をアピールするためのものでもあります。 ではどのような方法で有効と言える職務経歴書が書けるのでしょうか? まず少なくても…

  • 第二新卒の転職成功方法

    しかし願いが適ったという方もゼロではありません。 たとえば短期間にたくさんの応募をかける方も多く、30社ほどの企業に応募し、書類選考に通ったのは半分程度、そして内定をもらったのはたったの2つ。それでも予め検討しておいた意中の企業から内定をもらえたことで発奮し、そのままエントリーに成功したわけです…

  • 第二新卒の企業選び

    また、せっかく転職に成功しても、後悔してしまっては何にもなりません。理想的な会社かどうか見極めるより先走ってしまいがちな立場として、どうやって理想的かどうかを見分けることができるでしょう? まず成長過程を過ぎた会社よりもこれから伸びていく会社のほうがいい、とよく言われます。 業績がいいとメ…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!