第二新卒の企業選び

社会人経験がごく少ない立場の第二新卒者でも道は開けるのか、つまり転職に成功するかはやはり企業の考え方次第と言えます。 また現状、ビジネスマナーがしっかりしていれば後は柔軟に対応してくれる若さがあれば十分、と考える企業は少なくありません。 つまりやる気次第でキャリア組よりも優位に立てるはず、メリットを利用できるはずです。

第二新卒の企業選び

また、せっかく転職に成功しても、後悔してしまっては何にもなりません。理想的な会社かどうか見極めるより先走ってしまいがちな立場として、どうやって理想的かどうかを見分けることができるでしょう?

まず成長過程を過ぎた会社よりもこれから伸びていく会社のほうがいい、とよく言われます。
業績がいいとメディアで取り上げられるような企業は既にサクセスパターンも確立し、事業拡大路線に入っていることを考えると、成長のチャンスはそれほど多いとは言えません。
人材育成制度も注目すべきです。社内研修もある、育成制度も確立されたものがある会社であれば面接の際にもしっかり説明してもらえるはずです。
またいい人材を集めようとする会社かどうかも大事です。
人事担当1人だけが面接官、という状況はなかなか受け入れがたいものがありますし、将来的に上司になる方、経営にダイレクトに関わる方等と直接会えるかどうか、やはり会話を交わす数少ないチャンスと言えます。
その会社が扱っている商品やサービスは魅力的でしょうか?自分でも扱ってみたいとか、欲しい、スケールが違う、など魅力的に思えるのであれば、ずっと前向きに業務に取り組んでいけるはずです。

第二新卒

  • 第二新卒とは

    また一般的に第二新卒とは、入社後1年から3年程度の若手であったり、即戦力にはまだ乏しいが、ビジネスマナーはしっかりしているレベルの方、また就職活動はしていても、会社員経験が無い方などが当てはまります。 企業にとっては実務経験が無くても将来性が高い、と判断可能ですが、中途採用とは元来経験者を求める…

  • 第二新卒採用が活発な理由

    たとえばWEB系のエンジニアにとって、SNSやスマホアプリ等の技術フィールドはここ2、3年の新しい分野と言えますが、経験者としてしっかりしたスキルを持っている方の採用枠は取りずらいのが現状です。つまりビジネスマナーもしっかりしてロジカルに動ける第二新卒は最も即戦力となりやすいと言えます。他にもグロ…

  • 第二新卒が書く職務経歴書

    経歴を単に箇条書き程度で収めようとすれば、やはり項目自体も少なくなりがちです。 しかし職務経歴書は履歴書とは違い、転職の動機や意気込みなどを伝えるためのもの、また人間性をアピールするためのものでもあります。 ではどのような方法で有効と言える職務経歴書が書けるのでしょうか? まず少なくても…

  • 第二新卒の転職成功方法

    しかし願いが適ったという方もゼロではありません。 たとえば短期間にたくさんの応募をかける方も多く、30社ほどの企業に応募し、書類選考に通ったのは半分程度、そして内定をもらったのはたったの2つ。それでも予め検討しておいた意中の企業から内定をもらえたことで発奮し、そのままエントリーに成功したわけです…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!