転職する理由はなんですか?

転職のために面接を受ける限り、転職の理由、あるいは退職の理由についての質問は高確率で聞かれます。 また退職の理由と転職の理由を比較すると、退職は多少の不満や愚痴などが出ても許容範囲かもしれませんが、転職の場合はある程度将来を見据えた答えが導かれると期待されています。転職理由は前職での不満を解消するために、というだけでも不足ですし、やはりもっと前向きに、目的を明確に示すことが理想です。

不満だけを言えば「どこでもそのようなことは実際あると思いますよ」などと突っ込まれてしまったり、不満を解消するため、という場合も「それだけの目的で辞められたのでしょうか?」などと質問されて、続いて準じた答えを導けなくなってしまいます。
この会社であればこういうことが実現できると信じています、と明確な転職の理由をしっかりと出せれば、その後は「では退職理由は何ですか?」と聞かれるかもしれません。
また転職理由についてはある程度は満足いく答えが出せたレベルであり、何故辞めたのかも聞いておきたいというケースもあるでしょう。やはりどちらも明確に答えを出せることが大切ですし、転職の意識だけが強くても、退職理由が不満だらけの場合はきちんと退職できるのかどうかも確かめたくなるものです。
もちろん前職に未練があるようなことだけはイメージさせないように、まだ帰る意識があるように見られてしまいます。新規一転、新しいビジネスをスタートさせる気持ちをアピールすることがまず一番です。

よくある面接の質問と回答例

  • まずは自己紹介をお願いします

    しっかり自分をアピールしようと思っていても、「リラックスムードであまりかしこまらずに行きましょう」などと言われると用意していたことを逸してしまう可能性も大です。 こんな場面でアピールだけに必死になってしまうと話が長くなりすぎたり、自意識が過剰なのではないかと拒否反応を誘い出すことにもなりかねませ…

  • ご自身の強み・弱みを教えて下さい

    苦労しながら成功させたことや積み上げた実績などを振り返り、その結果を生んだ要因は何かを考えてみること。また組織の一員としてどんな存在なのかを振り返ってみたり、チーム内のメンバーに聞いてみるのもコツです。 長所をうまく言葉にするためには、具体的な事実を交えてみると、より相手にも通じやすくなるもので…

  • キャリアプランはありますか?

    応募した会社で自分のキャリアプランが実現できるかどうかを判断するためにも、プランをしっかりと告げておくことが大切です。また実現不可能であればそのままふさわしくないと判断される可能性も大です。 やはり事前に企業として求めている人材のイメージを捕らえておき、どのような仕事をしていけるのかをイメージし…

  • 当社に応募した志望動機はなんですか?

    競合他社として有名企業の名前をあげ、「では、あちらの会社のほうが有望なのでは?」などと質問されてしまったらどうでしょう。 突っ込まれてもっとも四苦八苦してしまうケースとも言えます。結局は明確な動機が見当たらないやどこでもいいのだろうという考え、転職であれば単なる業界へのあこがれである、などと片付…

  • 仕事で大切にしていることはなんですか?

    自分の仕事は自分でこなす、絶対に譲らないような強い意識を持っている場合は協調性が欠けているとみなされてしまいます。また、完璧な仕事を心掛けている、という場合も柔軟性が多少欠けているように見られがちです。 仕事をする上で大切なことは、まず積極性を持つこと、前向きな姿勢を持つことです。また具体的…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!