部下に接するときに心がけていることは?

上司に接する時には言うことを的確に判断でき、成果をしっかり出すことができる。しかし逆に部下に接する立場になると四苦八苦してしまう・慣れていない、という方の場合、転職者としてはどう評価されるのでしょうか?

やはりある程度マイナス評価が付いてくるでしょう。
面接でも「部下に接する時にどのようなことに注意しますか?」と質問されることはよくありますが、部下を管理するためのコツを身につけている方はどんな環境でも強く、仕事を任せやすい人物である、と評価がアップすることに繋がります。

例えば、部下を指導することには専念しない・ある程度個人の力で成果を出すことを尊重します・その上でフォローすべきときはしっかりと手を貸す・このように楽に攻めればいい・自分の能力は常に高いから大丈夫、という感じを強調する方もいます。また若手が多いこともあり、まずは横のつながりをしっかり意識することが大切だと思いますや、その上でしっかりフォローを考えていくことを優先します、という方もいます。

ではどちらが理想的かといえば、やはり部下を思いやるという点では後者のほうが好ましいと言えます。

世代間のギャップを考えて常にコミュニケーションを大切にする・立場をまずわきまえてから接する…などいろいろですが、思いやることやスキルを伸ばしてあげることを常に考えられるかどうかが一番のポイントです。指導力の他にも人間性を確かめられるケースと言えますので、具体的にどのように接してきたかも踏まえて、また成果についても具体的に説明できることが望ましいと言えます。

よくある面接の質問と回答例

  • まずは自己紹介をお願いします

    しっかり自分をアピールしようと思っていても、「リラックスムードであまりかしこまらずに行きましょう」などと言われると用意していたことを逸してしまう可能性も大です。 こんな場面でアピールだけに必死になってしまうと話が長くなりすぎたり、自意識が過剰なのではないかと拒否反応を誘い出すことにもなりかねませ…

  • ご自身の強み・弱みを教えて下さい

    苦労しながら成功させたことや積み上げた実績などを振り返り、その結果を生んだ要因は何かを考えてみること。また組織の一員としてどんな存在なのかを振り返ってみたり、チーム内のメンバーに聞いてみるのもコツです。 長所をうまく言葉にするためには、具体的な事実を交えてみると、より相手にも通じやすくなるもので…

  • キャリアプランはありますか?

    応募した会社で自分のキャリアプランが実現できるかどうかを判断するためにも、プランをしっかりと告げておくことが大切です。また実現不可能であればそのままふさわしくないと判断される可能性も大です。 やはり事前に企業として求めている人材のイメージを捕らえておき、どのような仕事をしていけるのかをイメージし…

  • 当社に応募した志望動機はなんですか?

    競合他社として有名企業の名前をあげ、「では、あちらの会社のほうが有望なのでは?」などと質問されてしまったらどうでしょう。 突っ込まれてもっとも四苦八苦してしまうケースとも言えます。結局は明確な動機が見当たらないやどこでもいいのだろうという考え、転職であれば単なる業界へのあこがれである、などと片付…

  • 仕事で大切にしていることはなんですか?

    自分の仕事は自分でこなす、絶対に譲らないような強い意識を持っている場合は協調性が欠けているとみなされてしまいます。また、完璧な仕事を心掛けている、という場合も柔軟性が多少欠けているように見られがちです。 仕事をする上で大切なことは、まず積極性を持つこと、前向きな姿勢を持つことです。また具体的…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!