面接マナー

転職活動といえば面接、書類選考では決してわからないところを正式な面談においてしっかり把握したいのが採用側の意識と言えます。また最近はこれでもか、というくらいマナーができていない方が多い、などとも言われます。

面接のマナーを考える場合、まず風潮からマイナス面を考えておくのが無難かもしれません。

例えば外見や服装面。
基本的なことでは、スーツ、ネクタイはすべて折り目正しく清潔なものが基本、というしっかりした意識を持っている方であれば別ですが、よくエンジニア系、クリエイター系の方はスーツなし、顎鬚の手入れなど、ファッションだけを気にして入場して驚かせてしまうそうです。マイナスは確実路線、このように意識しておくのが正解です。

面接室に入ったら自分から挨拶をすることも大切です。
入室後には「失礼いたします!」着席前には「よろしくお願いします!」などは基本ですし、一言言われるごとに「ハイ」としっかり返答することも大切です。場合によってはお静かに着席ください、という例もありますので、逆に緊張から大きな声を出さないように、場の雰囲気に合わせることも多少は意識すべきでしょう。もちろん終わったら「ありがとうございます!」と一声も最低限大切なマナーです。

極端でなく敬語を意識したり、聞こえるようにはきはきと答えること。
また面接中に突然足を組み出す方がいるですが、これは癖としてかなり危険かもしれません。普段から癖などを見直すようにしましょう。

IT・WEB業界での面接対応

  • 面接の流れ

    やはりどのような流れになるのか、基本的に聞かれることは何か、などの基本をマスターしておくのが無難です。 基本的なパターンでない面接に遭遇することもありますが、意識としてあるとないとでは大違い、途方に暮れてしまって中身の無い面接にしないためにも大切なことです。 また転職では、面接によく遅れる…

  • 面接のNG回答

    その次に判断材料となるのは、実際の会話の中身です。 厳しい面接では1つの返答だけで不採用が確定してしまうことも考えられます。 例えば、応募の動機は何かを聞かれ「業務内容に興味があります」と答えたとします。 「では実際にどこに興味があるか」という質問に「特にこれから調べたいと思っています」…

  • 面接官への逆質問テクニック

    中身をしっかり把握しながら一通りの事項を答えた後で、咄嗟に質問を要求された時に、面接終了まであと一歩という安堵の状態から「特に何もありません」と思わず答えてしまう…これもなかなか厳しいものがあります。 企業への関心を示すために、いっしょに仕事をするに当たってどのようなところをアドバイスしてあ…

  • 面接官の採用基準

    まずはたくさんの質問に的確に答えていくこと、できるだけアピールを踏まえて、などが関の山とも言えるでしょう。 しかし慣れてくればツボを踏まえて進めることもある程度は可能です。 そして人柄を大事にすること。 誠意のある受け答えができれば、多少緊張していてもやる気が伝わって評価も上がるというもので…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!