退職願の書き方

自己都合の退職の場合は退職願を提出するのが一般的です。また退職願は、まず上司に相談をしてから提出するのが基本です。

場合によっては不要だから、と言われることもありますが、意思表示としては大切と考えたほうが無難ですし、退職日を変更されたりするのを防ぐことができます。またできればコピーを取っておくのが理想です。

退職願はいたってシンプルですので、例えば職務経歴書を書くような手間もかかりません。ですが、一応の決まりを抑えて書く必要があります。
書き出しは私事、私議などと書いたり、一身上の都合により、とまとめて余計なことは書かないことも基本です。上司と相談しておいた退職日を入れるようにして、勝手に希望日を書かないこと、宛名は会社の社長であり、敬称は様を使います。

会社が指定フォーマットを持っていることもありますので、社則等にしたがって書く必要があるかどうかを確認しておくことも大切です。
手書きで適当な字で書いてしまったり、簡単な漢字ミスをするなども見栄えがよくありません。上司から見ても敬遠されて社長に提出できない、などと言われたら困ります。
時間のある時で構いません。退職日が決定し、引継ぎが終わるまで長ければ1ヶ月程度ありますので、出来栄えを考えてスムーズに作成できるような準備をしておけば問題にはなりません。
繁忙期を避けたり、残業が多い時期も手間ですので、タイミングよく上司に提出することが大切です。

退職・入社準備

  • 円満退社の方法

    上司へ切り出す場合はできるだけ業務の繁忙期を避けること、希望退職日まで長めに設定すること、上司以外には話をしないで不要な影響を作らないことも大切です。 退職理由については現状への不満を表さないほうがベターですが、一般的に通じることであれば仕方ありません。できるだけ個人的な範囲に抑えるようにするの…

  • 雇用保険と失業給付金

    転職が決まって上司に相談、転職願を書こう、というプロセスの場合は失業給付は受けられませんが、退職後に転職活動をする場合は条件によって給付を受けることが可能です。給付はいわば転職活動のための資金ですから、漏れなく手続きすることが肝心です。 他にも家業に専念する方、自営業を始める方、役員就任後な…

  • 健康保険の手続き

    退職すれば健康保険の被保険者としての資格が失効します。 そのまま長い間転職先が決まらなければ、健康保険への加入手続きをしなければなりません。 手続きロスの状態で、何かあったら医療費は自己負担になりますので、転職どころではなくなってしまいます。 また一般的には離職前に加入していた健康保険の…

  • 年金と税金

    在職中は基本的に会社が処理してくれる部分であり、それぞれに給与から天引きされる部分として、長く勤めた方ほど後回し度が高いとも言えますが、やはり重要である以上は早めが肝心です。 年金は老後の給付であり、税金も当然自分の生活に関わる部分です。 年金については大きく2種類があるのはご存知だと思い…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!