転職活動の期間

転職のイメージが浮かんだ時、こんな企業がいい、こんな職種に手を染めてみたい、などつい中身が先行してしまうものです。しかし実際行動するとなればたくさんのステップがあり、まず今日辞めて明日から隣の会社で、などとスムーズに行くわけはありません。

まず初めにイメージすべきことは何でしょう?
転職活動の大体の期間を設定するのも1つの方法です。どれくらいがいいのか?具体的に応募、書類選考、面談、内定と入社までのステップがあると考えた場合、3ヶ月以上は見ておくのが無難です。もちろん場合によっては即採用、円満退社しましたか?などというケースも考えられますが、引き継ぎなどの事情を考慮してもらえなければなかなか信頼できる転職先とは言えません。

基本となるのが応募から内定までのステップです。書類選考や面接日の決定、面接と結果の通知など、それぞれにターゲットの企業ごとにプランを出しておくのが理想です。どのように進むのか、同じ企業の同じ職種でも場合によってまちまちですので、できるだけ早めに確認しておくことも大切です。
3ヶ月というのはあくまでも平均的な数値ですが、採用側でもある程度意識していると考えられます。
またIT系でよく言われるのが、即着手してほしい案件が多いため、採用を逃さないためには3ヶ月よりももっと短縮できたほうがスムーズかもしれません。

IT業界の転職について

  • 正社員で働くメリット

    このように考えると、派遣社員やフリーランスの方がメリットがたくさんあるように思えますが、正社員の方にもメリットはあります。 もっとも多い意見が、将来性が確保できる、保障により安心できること、病気や怪我などで働けなくなった場合も一定の収入が確保できる、と言われると一瞬、正に正社員の言い方が正しい、…

  • 転職活動の流れ

    転職活動といえばハローワーク、利用者の中には転職の達人と言われる人もいるそうですが、転職意欲を維持しているだけの方はしょっちゅうハローワークに通い詰めますが、転職の達人はあらかじめ基本を抑えておき、無駄なく行動できるそうです。 では具体的には何をすれば良いのでしょう? まずターゲットとなる…

  • 転職活動する前の準備

    例えばどのような失敗のケースがあるのでしょう? 転職サイトのRSSを活用して日々チェックしていたにもかかわらず、もう何ヶ月もマッチングできないでいる。 なぜなら転職理由、転職希望先の条件等がかなりあいまいだった…このようなケースも多いようです。高望み、まだ職に就いているのだから完璧な条件だけ、…

  • 転職活動の服装

    どのような服装で面接を受ければいいのか、一般的なスーツとYシャツを着込むだけ? 基本はスーツ、これはもちろん大切ですが、着込むだけという姿勢、考え方だけではやはり問題があると言えます。面接は短時間です。そして短時間だからこそ大事であり、第一印象をできるだけスマートに飾りたいものです。 スー…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!