転職活動の服装

IT系エンジニアといえば、最近はラフな服装が多い印象です。 もちろんクールビズ系よりもある程度ルールはあっても、個人個人で好きな服装を容認している企業も増えています。また、いざ転職するとなった場合に困るのが社内での服装、という方も多いようです。

どのような服装で面接を受ければいいのか、一般的なスーツとYシャツを着込むだけ?
基本はスーツ、これはもちろん大切ですが、着込むだけという姿勢、考え方だけではやはり問題があると言えます。面接は短時間です。そして短時間だからこそ大事であり、第一印象をできるだけスマートに飾りたいものです。

スーツのカラーについては紺かグレーの無地が最適です。
もっともオーソドックスとも言えますが、安心感も十分、濃い色にとって顔色もよくわかり、明確な人物であると臆される可能性も大です。

逆に派手なカラー、ストライプ系などはやはり場にふさわしくない、お出かけモードと勘違いされてしまいます。
ウールやポリエステルの素材で高価なもの、できるだけ高級感を意識するよりも、しっかり折り目があること、正しく着ている、保管している、といった印象も大切です。

ボタンを含めたデザイン、その他にもシャツ、ネクタイもあればシューズも大切な要素です。
できればリクルート系のスタンダードな服装をしっかりチェックし、持ち前のもので間に合わせる、無ければ買い求めるくらいの意気込みも大切だと思います。

IT業界の転職について

  • 正社員で働くメリット

    このように考えると、派遣社員やフリーランスの方がメリットがたくさんあるように思えますが、正社員の方にもメリットはあります。 もっとも多い意見が、将来性が確保できる、保障により安心できること、病気や怪我などで働けなくなった場合も一定の収入が確保できる、と言われると一瞬、正に正社員の言い方が正しい、…

  • 転職活動の流れ

    転職活動といえばハローワーク、利用者の中には転職の達人と言われる人もいるそうですが、転職意欲を維持しているだけの方はしょっちゅうハローワークに通い詰めますが、転職の達人はあらかじめ基本を抑えておき、無駄なく行動できるそうです。 では具体的には何をすれば良いのでしょう? まずターゲットとなる…

  • 転職活動の期間

    まず初めにイメージすべきことは何でしょう? 転職活動の大体の期間を設定するのも1つの方法です。どれくらいがいいのか?具体的に応募、書類選考、面談、内定と入社までのステップがあると考えた場合、3ヶ月以上は見ておくのが無難です。もちろん場合によっては即採用、円満退社しましたか?などというケースも考え…

  • 転職活動する前の準備

    例えばどのような失敗のケースがあるのでしょう? 転職サイトのRSSを活用して日々チェックしていたにもかかわらず、もう何ヶ月もマッチングできないでいる。 なぜなら転職理由、転職希望先の条件等がかなりあいまいだった…このようなケースも多いようです。高望み、まだ職に就いているのだから完璧な条件だけ、…

注目の検索条件で案件を検索

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!