SCENE03IT/WEB系求人へ応募する!

求人へ応募するために知っておこう

転職成功のカギは、自己アピール力

求人へ応募するために知っておこう 転職を成功させるカギは、自分を上手にアピールすることができるかどうかです。
転職活動では、面接だけでなく応募の段階から自分をアピールする機会が与えられているので、自分のアピール方法については早い段階で考えておく必要があります。

どんなに誇れるスキルや輝かしい経歴を持っていても、書面上でうまくアピールすることができなければ、書類審査を突破することも難しくなってきます。
応募の段階から審査は始まっていることを意識し、気を抜かずに応募書類の作成に取り組むようにしましょう。

意外と見落としがちな書類作りも、大事な自己アピール材料

求人へ応募する際には、企業から履歴書や職務履歴書、自己PR書といった書類の提出を求められるケースが多くあります。
これらの提出書類は、どれも自分をアピールできるものです。

転職活動を経験した人の中には、「書類審査で落とされることが何度もあった」という人が多くいます。
このように書類審査で落とされた経験の多い人は、履歴書や職務履歴書、自己PR書などでうまく自分をアピールすることができていなかったということがほとんどです。

どの書類の作成にも共通することは、「自分の言葉でまとめること」「読みやすいものにすること」「読み手に伝わるものにすること」の3点です。
この3点に注意して書類を作成するだけでも、仕上がりは大きく異なります。

特に職務履歴書や自己PR書は自由に書くことができるため、文章を書くことを苦手とする人にとっては大きな壁になることもあります。
まずはアピールしたい材料を集めて自分の言葉でまとめ、何をどう伝えるかを整理する作業から始めると良いでしょう。

伝えたいことが明確になったら、その内容も詳細に書き出して必要な情報だけを選んでいくとまとめやすくなります。
アピールしたい内容が決まったら、次は体裁についても考えましょう。

意外と見落としがちですが、書類のフォーム選びは読みやすい書類作りの第一歩です。
履歴書を例にすると、学歴・職歴の情報量が多い場合は学歴・職歴欄の多いフォームものを使うと便利です。
また、資格・免許の情報量が多い人は資格・免許欄の多いフォームを選ぶなど、自分に合うものを選ぶことでアピールしやすくなります。
ITやWEB業界の企業の場合は、履歴書などのフォームをダウンロードするよう指示されるケースが増えているので、確認しておきましょう。

その他に、手書きで作成する場合には丁寧に文字を書くように心がけることも重要です。
改行する場所や文字の大きさに注意したり、職務履歴書の場合は箇条書きにしたりすることで読みやすい書類になり、相手に伝わりやすくもなります。

IT/WEB専門の転職エージェントが
あなたの転職を丁寧にサポートします。

無料転職サポートお申し込み IT/WEB専門の転職エージェントがあなたの転職を丁寧にサポートします。
1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!