SCENE05会社を円満退職する方法

スムーズなスケジューリングで円満退職の準備をしよう

事前の準備を行おう スムーズに、かつ円満に退職するには退職の意志を伝えるタイミングや業務の引き継ぎなどをしっかりスケジューリングする必要があります。
退職前にトラブルが起こったり、引き留めされることもありますので、退職のタイミングや伝え方はとても重要です。
退職の際のマナーや引き継ぎに関する注意点など、円満退職するために必要なことをまとめましたので、転職で退職予定の方は是非参考にしてください。

最後の難関!?円満に運ぶ退職意志の伝え方

始めて退職する場合、誰に伝えて誰に相談するのが正しいのかで迷うことかと思います。
退職の意志を伝えるのは直属の上司であるというのが一般常識で、退職の意志を伝える前にいきなり退職願を提出するのはNGです。
退職願を提出すれば退職ができると考えておられる方もいらっしゃるかと思いますが、退職願を提出するのは会社に退職が受理されてからです。
退職願ありきの退職ではなく、会社に退職を認められて正式に退職する旨を届け出るのが退職願ですので、順番を間違えないようにしましょう。

退職意志の伝え方ひとつで引き留めされることもあるので、どうような理由で退職を伝えるのかも重要です。
給与など会社の待遇に不満があって退職を決意したとしてもそれを理由にしてしまうと給与アップなど待遇改善を引き留めの理由にされてしまうため、「他にやりたい仕事がある」といった理由の方が引き留めされにくいです。

退職前の引き継ぎは転職先の入社日にも影響してくるため、退社日までに引き継ぎを終えられるようにスケジュールを組まなければなりません。
万が一退社日が大きくズレこむと入社前から信頼を損なってしまうことになりますし、最悪の場合は採用が白紙になる恐れもあります。
入社日が決まったら予定がズレ込まないようにしましょう。
退職が決まったらあとは退職日を待つだけではなく、退職が決まった後は引き継ぎや取引先へのあいさつ、書類の整理などしなければならないことはたくさんあります。

転職先がまだ決まっていない場合は失業保険(雇用保険)を受給を予定されることかと思いますが、倒産や解雇といった会社都合の退職と自己都合の退職では失業保険を受給できるまでに設けられている待期期間に大きな差があります。
また、早期就職者には再就職手当という制度が設けられていますので、失業保険や再就職手当の条件などを解説しています。
退職金をもらえるかどうか、また支払い時期や時効についての解説もしていますので、退職・転職時の参考になれば幸いです。

IT/WEB専門の転職エージェントが
あなたの転職を丁寧にサポートします。

無料転職サポートお申し込み IT/WEB専門の転職エージェントがあなたの転職を丁寧にサポートします。
1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!