システム管理者の転職・求人情報 - 6件

システム管理者とは

システム管理者、システムアドミンと呼ばれるエンジニアのタスクはかなり広範囲、ハードやソフトの保守をしたり、障害発生時の切り分け・対応、また常に監視作業を行い、システム変更をユーザサイドに通知、サーババックアップやアカウント管理等、情報システムにおける様々な要求に従って、それぞれに的確な対応を示すことが求められます。また従来はサーバの管理者権限を持つ人を言う、と定義された時代もありますが、UNIXではroot、そしてWindowsではAdministratorのアカウントが該当します。Windowsのドメイン管理に携わる方はほとんどがシステム管理者ですし、ネットワーク機器を管理したり、ユーザサポートをしながら常駐しているエンジニア、というイメージも強いようです。ユーザサイドからもっとも近い立場として、縁の下の力持ちともよく形容されます。サービスマネージャー、テクニカルエンジニアとも呼ばれるシス管として、日々の業務に不可欠な情報システム、ネットワーク環境を安全に、円滑に運営していくためにはそれなりのスキルが必要ですが、まずはアシスタント的な管理者として、ADのようなセキュリティサーバの管理だけとか、ユーザサポート、サーバ運用面から入っていくような方も多いようです。また上級システム管理者になれば予算獲得のために計画立案をしたり、システム全体の計画を立案したり、かなり高度なスキルも要求されます。システム管理者で活躍できる転職先や、個人事業主(フリーランス・フリーエンジニア)の仕事・求人をお探しの方は、A-STARダイレクトに掲載されている募集情報をご覧ください。

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!