Windows系エンジニアの転職・求人情報 - 1件

Windows系エンジニアとは

Windows系エンジニアはMicrosoftのWindows系のサーバ製品やツール類を扱うエンジニアであり、主にはWindowsサーバをメインに構築されたネットワークの運用・保守やユーザ対応、新規サーバの導入やバージョンアップ等に従事するエンジニアを言います。WindowsといえばAD、つまりActiveDirectoryを管理するのだろう、という方は多いと思います。ADはLANを超えてWANまで到達するセキュリティを広範囲に構築・運用するためのツールとして、クライアントやプリンター等全ての資源を効率よく管理できるシステムです。ITエンジニアにも色々ですが、ある程度の数のエンジニアにそれぞれどんなスキルを身につけているか、と質問すれば、必ずWindows系は上位に入ってくると言われ、特にインフラ系であれば一番、また社内システムに関わるエンジニア全般的にWindows系であればスキルは持っている、という方が多いようです。Windows系エンジニア=社内インフラという図式で、もちろんWindowsを使用してWEBサイトを構築する場合もありますが、大規模サイトは今ではLAMPが主流です。またWEB開発をしてみたい、Flashを手掛けたい、というWindows系も多いようですが、Windows系経験無しのエンジニアよりも安定した仕事が得られる、どんな技術が採用されても安心だ、という意見も多いようです。Windows系エンジニアで活躍できる転職先や、個人事業主(フリーランス・フリーエンジニア)の仕事・求人をお探しの方は、A-STARダイレクトに掲載されている募集情報をご覧ください。

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!