COBOLの転職・求人情報 - 1件

COBOLとは

COBOL(コボル)は、事務処理用に開発されたプログラミング言語で、名前は「COmmonBusinessOrientedLanguage」(共通事務処理用言語)に由来しています。非理系の事務員や官吏でもプログラミングできる言語として設計されたため、自然言語である英語に近い記述をめざしたコマンド語彙や構文(シンタックス)が採用されています。特に金額計算など事務処理用に広く使われています。COBOLは自然言語(英語)に近い構文を持つため、そのソースコードは記述が冗長にはなるが、可読性が高い。本のように、部、節、段落、文という階層で記述されます。人によっては関数や数式だらけの言語よりもとっつきやすいといえます。リフレクションができないなど、モダンなプログラミング言語に比べて論理制御機能は貧弱です。一方、文字列解析や文字列編集、帳票、画面編集などの事務処理機能は豊富です。COBOLは仕様が古くレガシーな言語です。ただ、言語規格は拡張が続けられていて、2002年版以降ではオブジェクト指向にも対応して部品性を向上しました。現実のプロジェクトで制約となるのは、COBOLの言語機能の不足よりは、稼働プラットフォーム、業務運用あるいは保守体制である場合も多いといわれています。COBOLで活躍できる転職先や、個人事業主(フリーランス・フリーエンジニア)の仕事・求人をお探しの方は、A-STARダイレクトに掲載されている募集情報をご覧ください。

1分で無料登録、転職エージェントに登録しよう!非公開求人・公開準備中の求人もご紹介!